Q&A

全国退職者支援会とは何ですか?

私たちは、現在会社にお勤めの皆さまが抱えている『退職に関わる不安』を解消するために立ち上がった任意団体です。退職後の支援を必要とする方々に必要なサポートを行い、よりよい社会環境の発展に貢献いたします。

支援会理念

退職かけこみ寺とは何ですか?

『退職かけこみ寺』とは、全国退職者支援会の提供している会員専用ページの名称です。

サービスのご紹介

退職かけこみ寺では何ができますか?

会員専用ページ『退職かけこみ寺』では、次のようなサービス・機能を提供しています。

・条件に合う方でしたら、どなたでも『退職後に必要な生活保障』を受けられる方法、手続きの流れをお伝えしています。

・公的な保障が受けられる期間は最大28ヶ月間となります。

・ご不明点などがあればサポート(社労士監修)を行っております。

・会員期間は無期限です。

サービスのご紹介

なぜこのような給付金が受けられるのですか?

支援会では、一般的に知られている雇用保険のほかにも、会社員の皆さまが毎月掛け金を支払っている(天引きされている)社会保険に存在する給付金も活用いたします。

それにより最長28ヶ月間の給付金受給を実現しております。

パート・バイト・派遣でも受け取れますか?

はい、条件さえ合っていれば、社員・派遣・パート・バイトすべて問題ございません。

退職済みですが、給付金を受け取れませんか?

まことに申し訳ございませんが、サポートの対象外となります。

全国退職者支援会では、『退職日まで最低1週間、余裕のある方』としておりますのであらかじめご了承ください。理想は、退職日より30日〜90日前程度となります。

メールサポートや情報提供を受けられたい場合にご入会いただくことは可能ですが、非推奨としております。

すぐに再就職をしたいのですが問題ありませんか?

残念ながら、再就職をもって給付金は終了いたしますので、あらかじめご了承くださいませ。

会社になにかを伝える必要があるのですか?

給付金受給のためには所定の手続きがございますので、「会社総務部」などに情報を伝える必要があります。

対面で伝えるのがはばかられる場合、退職前や退職後に「電話・メール・文書」いずれかの方法で伝える方法でも構いません。多くの方が問題なく伝えていますし、文面のサンプルは支援会でもご用意をしております。

なお、社会保険から給付金が出るため、会社側が金銭的な負担を負うことはありません。その点もご安心ください。

同僚にばれたりしないのですか?

あまりご心配はいりません。

まずあなたが全国退職者支援会に入会したことは、当会から会社に伝えることはございません。

また給付金の手続き自体『会社側は金銭的な負担を負わない』ものですし、会社に給付金申請を伝える場合でも、かならずしも口頭だけではなく、出勤する必要がなくなってから手紙やメールで会社に伝えることも可能です。

不正な受給方法などではないのですか?

いいえ、まったく不正な方法ではありません。

国(厚生労働省)の管轄する公的機関や、ハローワークが認めている方法です。ただし公的制度である以上、悪用しようと思えばできてしまいます。そのため当会では入会に条件を付けさせていただき、条件に合致している方のみをサポート対象としております。

退職日まであと3日しかありません。給付金は受け取れますか?

まことに申し訳ございませんが、サポートの対象外となります。在職中にしなければならないことがあり、3日では日数が不足しているケースが多々ございます。

全国退職者支援会では、『退職日まで最低1週間、余裕のある方』としておりますのであらかじめご了承ください。理想は、退職日より30日〜90日前程度となります。

もう有給が残っていませんが大丈夫ですか?

はい、問題ございません。

ただし、在職中に「最低合計4日間」は欠勤もしくは公休を取っていただく必要がございますので、あらかじめご了承ください。

有給日数が残っていたほうが動きやすいのは確かですが、有給が残っていない方でも問題なく手続きを終えて給付を受け取っていらっしゃいます。

病気で会社を休職中ですが入会していいですか?

はい、お申込みの条件をお読みいただいて条件に合致し、ご納得・ご了承いただいた上でしたら、どなたでもご入会いただけます。

まずはご相談を頂けますと幸いです。

会社員と同時に自営業をしておりますが?

自営業は保障の対象となりません。適用を受けられたい場合、廃業届を出していただきます。

現在65歳で、退職が来年の3月です。私でも給付金を受け取れますか?

はい、ご利用いただけます。ただし「老齢厚生年金」と給付金は、どちらか多い金額を上限として受け取ることになるほか、給付金のメリットが少なくなる可能性がございます。

給付金の金額は、原則として「昨年4・5・6月の平均月収(総支給額)の、2/3が振り込まれる」ものとお考えください。

退職時年齢が60歳〜64歳に関するご注意

間もなく65歳になります。年金とあわせて給付金が貰えるのですか?

残念ながら、満額は受け取れません。年金と給付金、どちらか金額の大きいほうが受取額の上限となります。給付金のほうが多い場合、受給するメリットがございます。

支払い方法は何がありますか?

クレジットカード決済と銀行振込に対応しております。

クレジットカード決済の場合、決済後すぐに会員ログインパスワードがご指定のメールアドレスに送られます。

入会お申込みはこちら

決済システム「PayPal」とは何ですか?

ペイパルは世界2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービスです。
買い物以外に、家族や友人に送金することもできるマルチペイメントサービスです。

外部リンク:PayPal

給付金を受けている間にパート・バイトをしてもいいのですか?

バイト/パートは可能ですが、推奨はしておりません。

給付金は、生活の保障という性質を持っていますので、給付側が「賃金を得ているなら保障の必要は無いのではないか」と解釈すれば終わります。

なお、その場合であっても通常どおり受け取るはずの雇用保険(失業給付)は問題なく受け取れますのでご安心くださいませ。

給付を受けている間の住民税、健康保険、年金はどうなりますか?

給付を受けているあいだは、一般的な退職と同様です。

・住民税・・・免除無し
・健康保険・・・国民健康保険か任意継続に加入いただきます
・年金・・・失業による免除が申請可能

年金は、退職後の特例で全額免除の申請が可能です。全額免除が認められた場合、半額納入扱いになります。あとから追加納付も可能です。

また給付金は所得ではありませんので、翌年度からの税金関連は安くなりやすいです。

自己都合退職でもよいのですか?

「自己都合」や「会社都合」かどうかで、給付金が左右されるものではございませんのでご安心下さい。支援会では、自己都合退職された方が大多数でございます。

渡辺亮平個人ブロク ニゲドク