Q&A

全国退職者支援会とは何ですか?

私たちは、現在会社にお勤めの皆さまが抱えている『退職に関わる不安』を解消するために立ち上がった任意団体です。

退職後の支援を必要とする方々に必要なサポートを行い、よりよい社会環境の発展に貢献いたします。

支援会理念

退職かけこみ寺とは何ですか?

『退職かけこみ寺』とは、全国退職者支援会の提供している会員専用ページの名称です。

サービスのご紹介

退職かけこみ寺では何ができますか?

会員専用ページ『退職かけこみ寺』では、次のようなサービス・機能を提供しています。

・条件に合う方でしたら、どなたでも『退職後に必要な生活保障』を受けられる方法、手続きの流れをお伝えしています。

・公的な保障が受けられる期間は最大28ヶ月間です。

・ご不明点やご不安などがあれば、随時サポートを行っております。社労士監修のもとアドバイスを行いますので、非常に多くの方にご満足をいただいております。

・会員期間は無期限です。

サービスのご紹介

費用は本当に税別7万5000円のみですか?

はい。支援会からのご請求は、コンサルティング費用のみでございます。

これ以外に、成功報酬・追加費用などの隠れた費用は一切ありませんので、ご安心ください。

※給付金受給にあたって申請書類の郵送料金実費などは、ご自身で負担いただきますので、ご了承ください。

なぜこのような給付金が受けられるのですか?

支援会では、一般的に知られている雇用保険のほかにも、会社員の皆さまが毎月掛け金を支払っている(天引きされている)社会保険に存在する給付金も活用いたします。

それにより最長で28ヶ月間の給付金受給を実現しています。

パート・バイト・派遣でも受け取れますか?

はい、受け取れます。

入会の条件さえ合っていれば、社員・派遣・パート・バイトすべて問題ございません。

全国退職者支援会は、給付金の受給サポートしかしないのですか?

いいえ。「退職に関するすべての事柄」を、広範囲に全力でアドバイスさせていただきます。

支援会は、単なる「給付申請サポート」では終わりません。

「本来受け取れるはずの給付金を、よくわからないという理由で諦めてほしくない」との思いから、「より確実に、よりスムーズに受給が始まる」ためのアドバイスノウハウを提供しています。

例えば「会社や医師とのやり取りが不安」といった方には「どのような手段で、なんと伝えたらよいか」を、お客様のおかれた状況やお気持ちを反映して、一言一句アドバイスいたします(あくまで提案であり指示ではありません)。

そのほか、

・退職後の税金や健康保険、年金の免除はどのようにしたら良いか
・住宅ローンを組みたいがどうすれば良いか
・退職しても保育園に通わせ続けられるのか
・起業予定だがどうするのが最適か

なども、サポートの範囲です。

支援会のサポートはいつまでしてくれるのですか?

支援会のサポート期間は無期限です。

無期限とは、具体的には「ご入会後、最初の退職をしてから、その後受けた給付が終了するまで」を指します。

退職済みですが、給付金を受け取れませんか?

まことに申し訳ございませんが、サポートの対象外となります。

全国退職者支援会では、『退職日まで最低1週間、余裕のある方』としておりますのであらかじめご了承ください。理想は、退職日より30日〜90日前程度となります。

ただし例外として、いくつかの条件に当てはまっている場合は手続きが進められる可能性もあります。

具体的な内容に関しては、全国退職者支援会のラインなどでお問い合わせ下さい。

全国退職者支援会公式ライン

すぐに再就職をしたいのですが問題ありませんか?

残念ながら、再就職をもって給付金は終了いたしますので、あらかじめご了承くださいませ。

会社になにかを伝える必要があるのですか?

給付金受給のためには所定の手続きがございますので、「会社総務部」などに情報を伝える必要があります。

対面で伝えるのがはばかられる場合、退職前や退職後に「電話・メール・文書」いずれかの方法で伝える方法でも構いません。多くの方が問題なく伝えていますし、文面のサンプルは支援会でもご用意をしております。

なお、社会保険から給付金が出るため、会社側が金銭的な負担を負うことはありません。その点もご安心ください。

同僚にばれたりしないのですか?

あまりご心配はいりません。

まずあなたが全国退職者支援会に入会したことは、当会から会社に伝えることはございません。

また、給付金の手続き自体『会社側は金銭的な負担を負わない』ものです。

会社に給付金申請を伝える場合でも、かならずしも口頭だけではなく、出勤する必要がなくなってから手紙やメールで会社に伝えることも可能です。

不正な受給方法などではないのですか?

いいえ、まったく不正な方法ではありません。

国(厚生労働省)の管轄する公的機関や、ハローワークが認めている方法です。

ただし公的制度である以上、悪用しようと思えばできてしまいます。そのため当会では入会に条件を付けさせていただき、条件に合致している方のみをサポート対象としております。

退職日まであと3日しかありません。給付金は受け取れますか?

まことに申し訳ございませんが、サポートの対象外となります。在職中にしなければならないことがあり、3日では日数が不足しているケースが多々ございます。

全国退職者支援会では、『退職日まで最低1週間、余裕のある方』としておりますのであらかじめご了承ください。理想は、退職日より30日〜90日前程度となります。

もう有給が残っていませんが大丈夫ですか?

はい、問題ございません。

ただし、在職中に「最低合計4日間」は欠勤もしくは公休を取っていただく必要がございますので、あらかじめご了承ください。

有給日数が残っていたほうが動きやすいのは確かですが、有給が残っていない方でも問題なく手続きを終えて給付を受け取っていらっしゃいます。

病気で会社を休職中ですが入会していいですか?

はい、お申込みの条件をお読みいただいて条件に合致し、ご納得・ご了承いただいた上でしたら、どなたでもご入会いただけます。

まずはご相談を頂けますと幸いです。

全国退職者支援会公式ライン

会社員と同時に自営業をしていますが?

自営業は原則として保障の対象となりません。適用を受けることができるかどうかは個別のケースにもよりますので、お問い合わせをいただけますと幸いです。

全国退職者支援会公式ライン

現在65歳で、退職が来年の3月です。私でも給付金を受け取れますか?

はい、ご利用いただけます。

ただし「老齢厚生年金」と給付金は、どちらか多い金額を上限として受け取ることになるほか、給付金のメリットが少なくなる可能性がございます。

退職時年齢が60歳〜64歳に関するご注意

65歳以上は給付金が減るというのは本当ですか?

65歳以上になると、失業給付は「高年齢求職者給付金」という一時金に変わります。

これは、65歳未満が受け取れる失業給付より少なく、給与の0.5〜1.5ヶ月分程度になります。

条件に当てはまるのであれば、65歳になる前の退職もご検討ください。

また、この失業給付とは別に、社会保険から出る給付金をご提案しております。こちらは条件に当てはまる限り65歳以上でも通常通り受け取れます。

支払い方法は何がありますか?

クレジットカード決済と銀行振込に対応しております。

クレジットカード決済の場合、決済後すぐに会員ログインパスワードがご指定のメールアドレスに送られます。

入会お申込みはこちら

決済システム「PayPal」とは何ですか?

ペイパルは世界2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービスです。ヤマダ電機や任天堂など、多くの企業がPayPalを採用しています。

外部リンク:PayPal

給付金を受けている間にパート・アルバイトはできますか?

アルバイト/パート等は基本的にできません。

条件にも左右されますが、給付期間中は、アルバイト等はできないものとお考えください。

給付金は、生活の保障という性質を持っていますので、給付側が「賃金を得ているなら保障の必要は無いのではないか」と解釈すれば給付は終了します。

なお、その場合であっても通常どおり受け取るはずの雇用保険(失業給付)は受け取れます。

どうしても収入が足りない場合、労働ではない、いわゆる「不労所得」を増やすことをおすすめしております。

例えば不動産収入、株式売買益、FX、仮想通貨取引などの投資も問題ない収入です。

その他、会員様にはサイドビジネスを始められた方も多数いらっしゃいます。

支援会で溜まった口コミ、ノウハウもございますので、お気軽にラインでおたずねくださいませ。

全国退職者支援会公式ライン

給付を受けている間の住民税、健康保険、年金はどうなりますか?

給付を受けているあいだは、一般的な退職と同様です。

・住民税・・・免除無し(地方自治体によります)
・健康保険・・・国民健康保険か任意継続に加入いただきます
・年金・・・失業による免除が申請可能

年金は、退職後の特例で全額免除の申請が可能です。全額免除が認められた場合、半額納入扱いになります。あとから追加納付も可能です。

また給付金は所得ではありませんので、翌年度からの税金関連は安くなりやすいです。

自己都合退職でもよいのですか?

はい、自己都合退職で問題ありません。

支援会では、自己都合退職された方が大多数です。

「自己都合」や「会社都合」かどうかでは給付金が左右されることはありませんのででご安心下さい。

ご入会条件に当てはまっているかでお考え下さい。

サービスのご紹介

私の場合、いくら支給されますか?

お客様の状況により変わりますが、おおよそ額面月収(天引き前月給)の約3分の2です。

なお、給付金は所得ではないため、税金や保険料等は天引きされません。多くの場合、支給額は手取り給与とだいたい同額になるようです。※住民税の支払い等がある場合、別途市役所等から封筒が届きます

支給金額につきましては、ご年齢と額面月収(天引き前月給)をお知らせいただけましたら概算をお伝えいたします。

全国退職者支援会公式ラインよりお問い合わせください。

※額面月収は、交通費を含みます。ボーナスを含みません。

問い合わせたら、どれくらいで返事が返ってきますか?

これまで返信に要している時間の平均は、LINE・メールどちらも24時間以内です。

原則として48時間以内にお返事するよう努力し、遅くとも3営業日以内での返答をお約束しております。

お手続きの流れについては、会員サイト「退職かけこみ寺」ですべてお伝えしております。ご不明点を事前にご確認いただいてからお問い合わせ頂くとさらにスムーズです。

電話か、直接会って相談できませんか?

誠に申し訳ございませんが、お電話および対面でのサポートは行っておりません。

全国退職者支援会は、ご質問はLINEまたはメールにて受け付けております。
※極力、24時間以内に対応しております

できるだけ多くの方へ低価格でサービスをお届けするための一環でございます。ご理解いただけますと幸いです。

他社では、事務所などで対面相談・電話サポートを提供しているところもあるようです。ただしそのぶん料金も比例して高い傾向があり、20〜60万円程度の料金を提示するようです。

給付金が下りなかった事例はありますか?

過去に給付申請が下りない事例はあります。

ほとんどすべての方は問題なく給付を受け取っていますが、稀に起きる不支給の事例を2つご紹介します。

1.入会後に社会保険加入1年未満と判明した場合

入会条件に合致していなかったケースです。

2.必要なスケジュールに間に合わなかった

仕事の都合などで必要な手続きができなかったケースです。

いずれも退職日までの時間的余裕がなく、条件を満たせなかったといえます。期間的に余裕(最低1ヶ月〜3ヶ月)を持ったお申込みをおすすめいたします。

「社会保険に1年以上加入している」という条件ですが、同じ会社で1年以上勤務している必要があるのですか?

転職していても問題ないケースがございます。

前職と現職の間に1日も空白(無職期間)がない場合は、期間を通算(合算)できます。

ご不明な場合はおたずねください。

全国退職者支援会公式ライン

雇用保険は加入していますが、社会保険(健康保険)に加入していません。

社会保険に加入していない場合、支援会がご案内する「最大28か月の給付期間」にはなりません。

雇用保険(失業給付)のみでしたら、給付のサポートは可能です。退職後すぐに(3ヶ月の待期期間なし)給付を受け取れるようにし、給付日数も増やすようにトライができます。ご検討ください。

公務員でも給付金は貰えますか?

公務員の場合でもサポートは可能です。ただし、制限がございます。

公務員の場合、雇用形態にもよりますが雇用保険に加入されていないものと思われます。

この場合、支援会のサポートのうち失業給付の受給期間を延長する方法が使えませんので、最大18ヶ月間のみの給付となり、累計の給付金額もその分少なくなります。

詳細については、お問い合わせいただけますとスムーズにご案内できます。

全国退職者支援会公式ライン

家族に相談したら「詐欺ではないか」と言われました

給付金の見込み金額などをお伝えすると、その金額や期間の多さ・長さから詐欺かと疑われる方もいらっしゃいます。

ただ、それは給付金制度そのものがあまり知られておらず、活用されていないことの裏返しだと思っております。

ご提案するのは、国や公的機関が提供する制度を正しく利用するのみです。詐欺でもなければ、法律の裏をかいたグレーゾーンでもございません。ご安心下さい。

【全国退職者支援会は詐欺ですか、という声についての回答】

全国退職者支援会のご利用者の生の声を掲載しています

渡辺亮平個人ブロク ニゲドク