全国退職者支援会とは

支援会理念

  • わたしたちは、退職後の支援を必要とする方々に必要な情報をお届けし、よりよい社会環境の発展に貢献致します

支援会の行動指針

  • あらゆる法令を遵守することを大前提とした活動を行います
  • 既存の枠組みに囚われず、最新の技術を取り入れた情報提供を行います
  • 判断に迷った際は、「会員様にとって有益・誠実であるか」を基準に行動致します

ご挨拶

こんにちは、全国退職者支援会 代表の渡辺と申します。

当会を立ち上げたきっかけは私自身の経験にあります。2009年にはじめての就職をしてからは激務の連続でした。たび重なる早出、サービス残業、休日出勤が続き、やがては職場の人間関係も徐々に悪化。「仕事に行きたくない。顔を合わせたくない」と思う日々が続きました。のちに義務化された「職場におけるストレスチェック」では高ストレス者と判定され産業医と面談をすることになりましたが、面談を実施する前に心身がもたず、やむなく2017年1月に自主退職となりました。

その後知ったことは、私のような退職者・失業者にも手厚い保障制度があるということです。公的保険で生活を保障していただける期間としては、内容によりますが実に28ヶ月〜46ヶ月(3年10ヶ月)です。これだけの時間があれば、しっかりと体調を整え、再出発できるはずの期間でした。

このような制度を知っているか否かで、その後のライフプランに大きな影響を与えるものですが、その存在はあまり公になってはいません。私だけでなく、同じように保障制度を知らず今も苦しんでいる方はきっといらっしゃるはずです。

「私が必要としていた制度を、いま必要としている方に届けたい。おなじ後悔をして欲しくない」

この一心から立ち上がったのが、当時個人で制作していたウェブサービス「退職かけこみ寺」でした。そこから、活動趣旨にご賛同いただいた多くの支援者に恵まれ、このたび特定社会保険労務士の先生方のご助力もあり生まれたのが現在の「全国退職者支援会」です。

以上のような経緯から、私たちは退職に関して困っている方すべての味方です。これまでどこにもなかったサービスを提供しているため、入会者様のお声にもあるように、どのような団体か不審に思われる方もいらっしゃるかと思います。

それでも支援会が必要とされ、皆様から喜ばれ続けている確かな理由がございます。今後、似たサービスは増えてくるものと予想されますが、私たちがパイオニアであると自信を持っております。ご不明な点があればぜひ、お尋ねください。

支援会は「入会して良かった」と笑顔になれるサービスを提供し続けてまいります。

組織概要

組織名称 全国退職者支援会
設立 2018年11月11日
※サービスとして2018年6月より開始
代表 渡辺 亮平 (わたなべ りょうへい)
従業員・スタッフ数 5名(アルバイト含む)
住所 〒556-0015
大阪府大阪市浪速区敷津西2-1-26

社内イメージ

事業内容 各種給付金の受給サポート業務
渡辺亮平個人ブロク ニゲドク