全国退職者支援会とは

全国退職者支援会は、働き方で思い悩む会社員の方に向けて、トータルサポートを行う団体です。

2018年の発足以来、累計延べ2万件のご相談を頂き、2,000名以上の方にサービスをご利用いただいてまいりました。

職場の人間関係に疲れた方、追い詰められてどうしようもない方、家庭の都合で退職せざるをえない方など、さまざまなご事情を抱える方に向けて、独自のノウハウと手厚いサポートであなたの手助けをいたします。

支援会理念

  • わたしたちは、退職後の支援を必要とする方々に必要な情報をお届けし、よりよい社会環境の発展に貢献致します

支援会の行動指針

  • あらゆる法令を遵守することを大前提とした活動を行います
  • 既存の枠組みに囚われず、最新の技術を取り入れた情報提供を行います
  • 判断に迷った際は、「会員様にとって有益・誠実であるか」を基準に行動致します

全国退職者支援会発足の経緯

代表 渡辺 亮平

全国退職者支援会を立ち上げた渡辺亮平と申します。

支援会はなんと言っても「過去の自分自身が使いたかったサービス」の集まりです。

私が2009年から新卒として働きはじめて2017年に退職するまでのあいだ、理不尽の連続でした。早出残業、サービス残業、上司のパワハラ、人間関係・・・。どれもストレスの種で、徐々に心身を蝕んでいました。

「職場におけるストレスチェック」では高ストレス判定と出ました。無理もありません。医師との面談を予定していましたが、その前に退職してしまい、日々の生活を失業給付と貯蓄の切り崩しでまかなっていました。

しかしその後、社会保険制度に詳しい知人に聞いたところ

「渡辺さんのようなストレスや心身不調で退職する場合は、雇用保険とは別で給付金が出るんですよ」と教えてもらいます。

期間を合計すると実に最長28ヶ月ものあいだ生活を保障してもらえることを知りました。

「当時の状態であれば、まず適用されただろう」と知人は言います。

最長28ヶ月という給付期間があれば、生活を安定させ貯金を切り崩ず不安も持たずに、体調をしっかり整えて再就職活動ができたかもしれません。

制度を知らなかったことを悔しく思いました。

「どうして職場の誰も、市役所も、ハローワークですら教えてくれないのだろう」

ですが、みんな意地悪で教えてくれなかったわけではないことを知ります。本当に、誰も知らなかったのです。

ということは、当時の私のように苦しんでいる方が今もいて、その方たちは何も知らないまま退職しているはずです。これでは負の連鎖です。

「私が必要としていた制度を、いま必要としている方に届けたい。おなじ後悔をして欲しくない」

全国退職者支援会の出発点はここからです。何名かの社労士や会社経営者にこの話をして賛同してもらい、支援会は立ち上がりました。

おかげさまで、これまで累計で延べ2万件のご相談をいただき、ますますその思いは強まっております。

また、その中で保障制度だけでなく、より広い範囲のお悩みお応えしたいと考え、顧問弁護士や社労士とともに、悩めるかたへの最適な環境づくりにも取り組んでおり、

現在は適切な補償制度を案内する給付金申請サポートサービスに加え、顧問弁護士を招き、退職代行サービスや残業代請求サービスなど、退職に付随する様々なお悩みにお応えします。

今後、似たサービスは増えてくるものと予想されますが、私たちがパイオニアであると自信を持っております。ご不明な点があればぜひ、おたずねください。

なお、お電話にて、退職について不安やお困りのある方への特別相談を受付けています。
初回の電話相談は料金をいただきません。
お電話相談では、退職後から再就職後までを見据えたコンサルティングとして、現在の状況を詳しくお聞かせいただいた上で、どのような計画が最適か、そして私どもが提供しているサービスが本当に必要かをご相談者様と一緒に考えていきたいと考えております。
私どものサービスが必要となった場合は、退職問題のプロである私達にどうか安心してお任せください。
経験豊富な相談員に加え、労働問題に強い弁護士、社労士が万全のバックアップのもと、サポートさせていただきます。

また、ご自身ではなくご家族が退職についてお悩みの方もいらっしゃることと思います。
相談者様のご家族の方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

支援会は「入会して良かった」と笑顔になれるサービスを提供し続けてまいります。

全国退職者支援会の主なサービス

支援会には優秀な社会保険労務士と弁護士が顧問についています。いずれも法令遵守のうえ、会員様の生活安定のためにサービスを提供しています。

1.最長28ヶ月の給付金受給サポート

条件に当てはまる方であれば、退職後も公的給付金を受け取ることができます。

非常に多くの会員様が給付金を受け取りながら、生活の立て直しを図り、そして心身の回復などに専念されています。

支援会では給付金を受け取る手順、注意事項、退職後の税金減免など、退職にかかわるあらゆる関心ごとをトータルサポートします。条件に当てはまる方には勇気をもって踏み出せるよう、返金保証もお付けしています。

※給付金申請サポートサービスの詳細はこちら

2.退職代行

日本国憲法には「職業選択の自由」があります。本来は退職の意思を表示すれば退職は可能です。

しかし、そう思い通りにいかないときに頼っていただきたいのが、退職代行サービスです。顧問弁護士の監修のもと、あなたに代わって全国退職者支援会が退職の意思をお伝えします。有給休暇も、多くの場合すべて消化できます。

支援会が行うことと会員様にしていただくことは明確に分かれています。そのため依頼をされたその日から、肩の荷が下りることと思います。

※退職代行サービスの詳細はこちら

※支援会自体に弁護士資格はなく、あくまで適法の範囲内での業務となります。弁護士に依頼されたい場合は顧問弁護士をご紹介いたします。

3.残業代請求代行

いわゆるサービス残業や、給料の出ない朝礼はありませんか?

残業代は本来、全額あなたに支払われなければならないものです。支払わない会社に全面的に非があります。

私は個人で残業代請求を行ったことがあります。会社との困難なやり取りがありました。もちろん会社にも居られなくなるし、次の仕事にも支障があるのではないかと不安でいっぱいでした。いまでも弁護士に頼ればよかったと思っています。

残業代をちゃんと取り返してほしいです。でも、もう同じ苦労やストレスは抱えてほしくありません。ぜひ残業代請求代行をご相談ください。

※残業代請求サービスの詳細はこちら

※残業代請求代行は弁護士資格の必要な業務です。顧問弁護士とやり取りしていただきます

また、こちらにご記載のないサービス・お悩みも、どうぞお気軽にお問い合わせください。

私達支援会はもちろん、顧問弁護士・社労士とともに、ベストなご提案をさせていただきます。