【口コミNo.2】退職までの必須スケジュールを知るため、支援会へ

こんにちは。

全国退職者支援会の渡辺亮平です。

今回は、井川拓郎(仮名)様からの口コミをご紹介いたします。

井川拓郎様から感謝の口コミ

会員様情報

【お名前】井川拓郎様
【ご年齢】60歳
【性別】男性

評価点数

★★★★★

評価コメント

いつも貴殿の活動に感動しています。
貴殿の活動は我々のような弱い立場の人間にとっての救世主です。
お身体に留意して活躍下さい。

支援会コメント

嬉しいお言葉を賜りまして、まことにありがとうございます。
そのようにおっしゃっていただけると、力が湧いてまいります。
今後ともどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

対応の経緯(再現)

内容を確認しました。知らないと損する情報ありがとうございます。早速行動に移したいと思います。貴事務所に訪問させて頂き、より具体的な、アドバイスを頂戴できればと思います。訪問は可能でしょうか?
全国退職者支援会でございます。そのようにおっしゃっていただき、まことにありがとうございます。
しかしながら、大変申し訳ございません。支援会ではオフィスのご訪問を承りかねております。
すべてをメール・ライン対応とすることでご対応に割く時間を大幅に削減し、また私が出先であっても対応ができるという性質上、低価格を実現しております。なにとぞ、ご容赦のほどお願いいたします。
私もお仕事で大阪、名古屋近辺は飛び回っておりますので、いつかお話する機会が出てくるかもしれません。その際はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
渡辺
渡辺
訪問対応していないことを理解していたのですが、あまりにも素晴らしい情報を提供して頂いたので、お会いしたいのが本音です。機会があればよろしくお願いいたします。

早速ですが、不安な点があり、スケジュールのアドバイスお願いいたします。状況としては、◯月◯日に退職が決まりましたが、来週も出張があるため、◯月◯日に出向くことになります。そうすると、退職まで3日間しか、会社との手続きをする日が取れないのですが、問題がないか、何を優先させればいいのか、不安なのです。

(スケジュール省略)とのことですね。

やはり優先すべきは「退職後に給付金が受け取れる状況を整えること」だと思います。

会社手続きが3日間しかないとのことですが、問題ないとは考えています。会社でやるべきことは退職届・業務引き継ぎ・荷物整理などでしょうか。

給付金関連で会社に伝えたいことは「◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯」と言う内容ですが、こちらの内容、在職中に伝えるタイミングを逸する場合、退職後に伝えても良いと思います。

会社で証明すべきは本人の当時の「出勤状況」くらいなものですので、会社にとっては難易度の高い書類でもございません。

渡辺
渡辺
申請書の資料2の『◯◯の期間(申請期間)』にはいつからいつまでと記入すればよろしいのでしょうか
申請期間は、「◯◯期間」と同じ日付を書きましょう。あるいは◯◯〜◯◯と出来るのなら、◯◯でも構いません。
渡辺
渡辺
申請書を提出いたしました。あとは、待つのみです。
そうですね、井川様の場合ステップを確実に踏んでらっしゃいますので、心配はいらないと考えております。
渡辺
渡辺

 

約20日後

 

渡辺様 給付金が振り込まれました。おっしゃっていた通り一、二ヶ月掛かるものと覚悟していましたが、想定より早い振込でした。今後もサポートをよろしくお願い致します。
お振込みがあったとのことで、安心いたしました。
はい、今後とも給付金を受け取り終えるまでサポートを継続させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
渡辺
渡辺

対応を振り返って

井川様は仕事の出張も入っているなどご多忙の中で、何の手続きを、どのような優先順位を付けて消化していくか迷っていた方です。

退職かけこみ寺STEP1〜STEP4を一通り読んでいただいた上ででご質問、ご相談をいただきました。

支援会で改めてスケジュールを整理し直し、退職までの道筋をご提示、ご提案することで、頭の中が大変クリアになったそうです。自信を持って給付金受給まで進めるという事実も、支援会のメリットなのだと、今回痛感した次第です。

全国退職者支援会へご相談ください

井川様のように「退職までに何をしたらいいかわからない、何をすれば給付金が最大化するかわからない」という方はいらっしゃると思います。

同じ気持ちを抱いてらっしゃる方は、ぜひ全国退職者支援会の公式サイトをご覧いただいて、ご相談をご検討ください。私がお力になります。

全国退職者支援会を見てみる

全国退職者支援会ロゴ