2021年5月月間レポート

今月のご相談の傾向

4月に緊急事態宣言が発令されて全国に広がった5月。
さらに延長が続き、結局5月は丸々1ヶ月間、緊急事態宣言が続くことになりました。
相談は横ばいですが、やや深刻なお悩みが増加傾向です。
なお、新型コロナ罹患者の増加に伴い、ご自身やご家族がコロナに罹患したために起こった問題、あるいは職場でのクラスター感染の発生などもご相談が複数寄せられました。

無料給付額診断件数343件(-23)
無料電話相談件数163件(+18)

無料電話相談のご感想

胸のつかえがとれた気持ちになり落ち着いて今後を考えられました

40代/男性/愛知県/デザイナー兼管理職

上司からの叱責がいじめのようになってきて、まずはさらに上の上司に相談しました。
しかしそれも全く取り合ってもらえず、改善されないまま日々が過ぎていきました。
退職も考えましたが、自分が行っている業務は自分以外の人ができる体制になっていないため、無理を押して働いていました。
ある日どうしても我慢できなくて退職を決めようと退職届の書き方を検索していて支援会を見つけ、とりあえず相談してみようと思って、電話相談を予約しました。
電話相談では、長い時間、私の方から悩みと愚痴を話し続けることになってしまったのですが、これまで誰にも話ができていなかったので、お話を聞いていただくだけでもかなりスッキリしました。
相談できる人がいなかったというのも、私にとって問題だったようです。
話を聞いてもらえた結果、仕事を辞められないというのは、私個人の思い込みではないかと気づきました。
確かに短期間会社が困ることはあるかもしれませんが、最終的には早々に代わりの人を見つけるだろうと気づきました。
お話を聞いていただいた結果、むねのつかえがとれた気持ちになり、退職を思い切って切り出せるようになりました。
今回は、さらに退職後の給付金申請のサポートも合わせてお願いすることになりましたので、今後とも宜しくお願いいたします。

入会者の声

会社都合退職にこだわっていた私に解決策を教えていただきました

30代/女性/大阪府/企画営業

パワハラもあったのですが、なにより会社の売上がかなり激減してしまい、退職者を募集するようになってしまいました。募集と言っても正式な早期退職制度などではなく、いわゆる「肩たたき」です。
日頃から上司との折り合いが悪かった私のところにも順番が回ってきてしまい、別室に呼ばれて退職を勧められました。
しかし、実質的に退職勧奨であるにも関わらず、会社としては「能力がないなら辞めたほうが自分のためではないか」とあくまで自主的な退職を促すことしかして来ません。
そこで、退職について調べたところ、このような場合には必ず自ら折れずに、例えば退職願を出すようなことはせずに耐えるべきだという話を見つけたのですが、それをしても毎日のように呼び出されるため、とても疲れてしまいました。
そのようなときに、支援会の広告をネットで見て、そこからこの件で電話相談を申し込みました。
電話相談でお話を聞いていただいたところ、そのまま会社都合にするように粘ってもよいが、支援会がご案内される給付金であれば、自己都合退職であっても退職後すぐにしかも長期間受けることができるとのことでした。
お申し込みの条件なども分かりやすくご説明していただき、キャンペーンもあったので入会を決断してお申し込みさせていただきました。
現在は、まだ退職直後ですが、今後給付を受けられるまでの手順ははっきりしておりますので、また不明点があればお聞きしたいと思います。
これで、退職後もこれからしばらくは生活に困らずに済みそうです。
電話相談でこの給付があることをご提案いただいて良かったです。ありがとうございました。

受給成功された会員様からの口コミ

社員軽視のとんでもない会社からやっと逃げ出せました

もこ様 30代/女性/岡山県/生命保険営業

4.0

家族が亡くなっても忌引のお休みすらなく、パワハラは隠蔽される体質で、周りもどんどん辞めていく中、私もとうとう耐えきれず、退職することにしました。支援会に助けていただいたおかげで、給付を確実に受け、ゆっくり休むことができています。ありがとうございました。

激務に加え、社員のことを考えない会社と上司のせいで体調を崩されてしまった、もこ様。

業務が忙しいだけではなく、身内の死に目に会えずお葬式にすら有給消化ととんでもない会社だったようです。

さらには社内の問題にも会社は見て見ぬ振り、ついに体調が限界となり、退職を決められました。

退職後はこまめに支援会に状況をご連絡ご相談いただき、スムーズに給付のお手続きを進めていただけました。

今月の傾向を受けての支援会の取り組み

12月はもともと退職や転職を考えられる方が多い月です。
それに加えて、新型コロナの影響でさらに輪をかけて退職が増えた月でした。
「退職を自ら検討される方」から「退職を余儀なくされる方」まで様々です。

新型コロナが確認されて、はや1年。
1年あれば対策が確立して落ち着くかと思いきや、まだまだのようです。
経済苦は改めて態勢を立て直し、私たちを襲ってきます。

支援会では、引き続き、無料電話相談を継続しております。
無料電話相談では、現在の相談者様の状況に応じたアドバイスを行なっております。
本来は、相談者様にとって、そもそも退職が最良の選択か、それとも再就職か、しばらく休むべきか、といったご自身の今後の予定について考えるお手伝いをしております。
しかし最近は、それに加えて、会社から理不尽に退職させられそうになっている場合の対応もよくご相談いただくようになりました。
いずれの場合も、できるだけ給付金制度を生かした最適なご提案・アドバイスをご提供できればと考えています。
現在の状況を詳しくお聞かせいただいた上で、何が最適か、それには私どもが提供しているサポートが本当に必要かをご相談者様と一緒に決めていけるようにいたします。
サポートが必要となった場合は退職問題のプロである私達にどうか安心してお任せください。
経験豊富な相談員に加え、労働問題に強い弁護士、社労士が万全のバックアップのもと、サポートさせていただきます。

※無料電話相談のお申し込みは以下の無料電話相談予約フォームにてお受けしております。
無料電話相談のご予約はこちら

支援会は、微力ながらできるだけ多くの方のお力になれるよう、引き続き尽力してまいります。

公式LINEならいつでも無料相談を承っております。

「退職後のお金のことが心配」「会社をやめたいのに言い出せない」「残業代がずっと支払われていない」「長時間労働で心身ともに限界・・・」「職場の人間関係・パワハラに悩んでいる」など、どんな些細な悩みでも構いません。どうぞお気軽に話しかけてください。

現在コロナ緊急対策として、特別無料電話相談を受け付けています。公式LINEよりご予約ください。

  • 月間レポート公開中!最近の相談傾向をお客様の声と合わせてご報告します。