定年よりも前に自主的に退職する人を募るという「早期退職優遇制度」を会社が実施することがあります。

早期退職を利用すれば、退職金が割増されるなど好条件で退職できるので、転職に向けて準備をすべきかと悩む人も多いと思います。

そこで、今回は早期退職優遇制度そのものの紹介と、メリット、デメリットについてご紹介します。

早期退職優遇制度とは

早期退職優遇制度を利用するか悩むビジネスマン

早期退職優遇制度には大別して2種類があり、それぞれ条件や待遇が異なります。

希望退職制度

希望退職制度は会社の業績不振による人員削減が目的とされた早期退職制度です。

整理解雇(=通常の解雇、リストラ)を回避したり、事業戦略を大きく転換する時に行われます。

会社側が募集期限を決めて退職希望者を募り、退職金の割り増しや再就職の支援など、条件面の調整を行います。

しかも、会社都合退職」扱いとなるので、失業保険の給付のタイミングが早まります。

関連記事:会社都合と自己都合退職の違いとは

ただし、希望退職制度の場合は「従業員」と「企業」のあいだで合意が必要です。従業員の能力を認められている場合は、会社から引き留められる可能性があります。

そこで強引に退職すれば、「自己都合退職」扱いになる可能性もあるのです。

選択定年退職制度

選択定年退職制度は、希望退職制度のように人員整理が目的ではありません。

会社の人事制度の一環として常時適用されており、従業員の人生の選択肢を広げることや、会社の人員構成(平均年齢)の若返りなどを目的としています。

そのため、選択定年退職制度は適用される条件が定められていることが大半です。

一定以上の勤続年数や年齢が定められており、条件を満たしていれば退職金の割り増しなどの優遇を受けて退職できます。

早期退職優遇制度のメリットとデメリットは?

早期退職優遇制度のメリットとデメリットを比較

早期退職優遇制度を利用して退職をすることには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット①:退職金が多くもらえる

早期退職優遇制度では、ほとんどの場合で退職金が割り増しされて提示されます。

割増額は会社ごとによって異なりますが、普通に退職したり、定年退職を待つよりも多くの退職金を受け取れる可能性が高いです。

メリット②:再就職しやすい

希望退職であれば会社都合の退職となるので、再就職の面接時にも「本人に否がある退職ではない」と見られる可能性が高いでしょう。

また、選択定年退職の場合であれば、定年を待ってからの退職となります。そのため年齢的に再就職が難しくなる傾向がありますが、定年前に退職することで、早くに再就職できる可能性が高まります。

メリット③:失業給付金がすぐに得られる

希望退職の場合、会社都合退職扱いになります。すると自己都合退職よりも2か月以上早く失業給付金を受給できます。

しかも、給付期間も長くなるので、希望退職であれば失業給付金に関するメリットが大きいでしょう。

関連記事:特定受給資格者・特定理由離職者とは

デメリット①:年金の支給額が減る

会社に勤めている間は「厚生年金」に加入していますが、退職すれば「国民年金」に切り替える必要があります。

年金は加入していた月数と、これまでの平均給料によって決定されるため、離職期間が生まれることで年金の支給額が減ります。

デメリット②:転職先が決まらない可能性がある

早期退職制度を利用したあとは、失業給付金を受け取りながら再就職先を探そうと考える人も多いでしょう。

しかし、景気や雇用環境の変化によって転職先がなかなか見つからないケースもあります。すると、生活費や保険料をまかないきれない可能性もあります。

退職してからゆっくり探せばいいと考えるよりも、退職前から転職についてはある程度目途を立てておくことをおすすめします。

早期退職優遇制度を利用するにあたり注意したい点

退職優遇制度に注意を促す会社員

いざ「早期退職優遇制度の募集」が始まった際、応募するかどうかで頭がいっぱいになると思います。

そこで、退職優遇制度を利用するにあたって注意しておきたい点を紹介します。

適用条件の確認

選択制定年退職制度の場合、一定の勤務年数や年齢の条件が定められているので、条件を満たしていなければ利用することは出来ません

また、希望退職制度の場合も同様に年齢や勤続年数といった条件だけではなく、対象部署や人数などの制限があるケースもあります。

自身が利用できる条件を満たしているのか確認してから応募しましょう。

退職理由が何になるのか?

退職理由は「会社都合」と「自己都合」の2種類がありますが、退職理由がどちらになるのかによって失業給付や転職活動時の印象も異なるものです。

希望退職制度の場合は「会社都合退職」扱いとなるので、失業給付金の給付期間も長くなります。

しかし、選択定年退職制度は「自己都合退職」扱いです。

退職理由によって失業給付金の期間などが変わるので、事前に会社に確認しておきましょう。

※会社都合と自己都合の詳しい違いについてはこちらの記事をご覧ください。

「会社都合と自己都合退職の違い」

    まとめ

    早期退職優遇制度は、これから転職を考えている人にとって、有利になることの多い制度です。

    ただし、利用できる条件や退職理由には注意が必要です。

    必ずしもメリットばかりではないので、本当に退職すべきタイミングなのかも見極めることが大切です。

    早期退職について不安や疑問があれば当会へお気軽にお問い合わせください。

    退職から新しいスタートです。全国退職者支援会はサポートを惜しみません。